DENTOラインからKIMONO JKT 刺し子verが発売になりました。

古来、刺し子地は、綿布を重ね合わせ、装飾として、縦、横、斜めに刺し縫いする事により

幾何学模様や小紋など様々な柄を縫い込んだもので、主に、生地の補強と保温を兼ねたものでした。

そのため東北地方などの寒冷地では、作業着として用いられ、また、江戸時代においては、丈夫な生地である事から

火事装束として用いられていました。

そして現代では、武道着や地下足袋などに用いられたりと、日本の伝統的技術・技法が継承され続けられている織物です。

その刺し子生地をインディゴで染めた生地を使用し、BLUE SAKURA DENTOラインのKIMONO JKTに落とし込みました。

サイド隠しポケット、サイドスリット、結び紐にはBLUE SAKURAのアイコン 『セルヴィッチテープ』を使う等拘り満載です。

サイズもあえての日本語表記の小、大、特大。 加工はベーシックでありながら、ヴィンテージ感漂うオールドウォッシュド加工

を施しています。新しいスタイリングを試してみてはいかがでしょうか。